MOTUL J-01 公式キャンペーンサイト

MOTUL(モチュール)とは?



MOTUL(モチュール)は、150年の歴史を誇るフランスのオイル・メーカーです。

MOTULは1853年にニューヨークで設立され、石油王として知られるロックフェラー・グループの中のスタンダード石油の一部門として活動しましたが、1919年の同グループの解体により、スワン・フィンチ社として独立。スワン・フィンチの時代にアメリカでのビジネスを確立し、更にヨーロッパへの輸出も開始しました。その後、フランス国内の代理店であったゾウグ・ファミリーは、将来の潤滑油市場の拡大を予測し、1932年にMOTULブランドをスワン・フィンチ社より買収し、フランスのMOTUL社としての活動を開始しました。

MOTULでは、自動車用内燃機関の将来の性能向上を予見し、早くから潤滑油の高性能化に取り組んできました。

1953年:ヨーロッパで初めて自動車用のマルチグレード・オイルを発売
1966年:世界で初めて自動車用化学合成オイルを発売
1971年:世界で初めて自動車用100%化学合成オイルを発売

つまり、MOTULの歴史そのものが自動車用オイルの進化の歴史と言えるのです。 以来、ターボ・エンジン用、触媒マフラー適合タイプなどのエンジン・オイルのみならず、ブレーキ・フルード、ミッション・オイル、フォーク・オイル等の潤滑油製品に化学合成技術を投入することにより、センセーショナルな製品を世に送り出しています。





このような、技術革新をいち早く市販製品へとフィードバックするMOTULの企業姿勢とそのオイル製品は、特にメカニズムに極めて高い負荷がかかるモータースポーツの分野において、ル・マン24時間レース、FIAGT選手権、ニュルブルクリンク24時間レース、SUPER GTなど世界各地を舞台に活躍しているワークス・チームやレーシング・チームからの絶大な信頼を得ています。

また、近年は環境保護型製品の開発にも積極的に取り組み、省燃費タイプや生物分解タイプの開発や市場におけるリサイクル・システムの構築、リサイクルなパッケージの開発を推進しています。

現在、フランスに本社を置くMOTULのオイル製品は、日本を含む世界の80カ国以上で販売されており、それぞれの市場で高性能オイルとしての高い評価を得ています。

MOTULについて

製品情報

PROエリア

FANゾーン